1266
Cast >>Audrey Heningham (Alice), Shannon Baker (Freddie), Marcia Karp (The Psychodramatist), Ndeye Ade Sokhna (Jamilla), Jonathan Gordon, Terrence McCartney Filgate, Bob Rosen, Phil Parmet, Stevan Larner, William Greaves, Steve Buscemi ...
Director >>William Greaves
Writer >>William Greaves
Producer >>William Greaves
Genre >>Documentary
Country >>USA

 総合ポイント 4.75点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
Love makes time pass away and time makes love pass away...
「Symbiopsychotaxiplasm: Take One」から35年。ウィリアム・グリーブス監督は、前作で取り始めようとした所で終わった、2人の役者アリス(オードリー・へニンガム)とフレディ(シャノン・ベイカー)と共に、またニューヨークのセントラル・パークに居た。35年後の彼等を撮っていたのである。

実験的作品「Symbiopsychotaxiplasm: Take One」の続編である。グリーブス監督は「Take 5」までの構想はあった。しかし実現する事はなかった。その前作ですらお蔵入りしたからである。しかし前作をたまたまサンダンス映画祭で見た俳優のスティーブ・ブシェミが、エンディングに映し出された「Comming Soon Symbiopsychotaxiplasm: Take Two」の文字を見て、是非続編も見てみたい!という事で、スティーブン・ソダーバーグの力を借りて制作された作品である。元々「Take One」では、40時間位撮っていたらしいので、沢山の映像が残っている。前作では別の俳優でまた同じシーンを撮ろうとしていた所で終わっているが、この「Take Two 1/2」では、そこから始まる。そしてその俳優2人が、35年後に再会する。しかしまた同じように同じ台詞を別の場所で何度か繰り返す。そしてやはり同じようにそれだけで物語が少し変わっていくのだった。

前作「Take One」でも一番発言していたのが、音響担当のジョナサン。彼も35年経って、別人のように変わっていた。しかし「結局みんな監督とプロデューサーになりたいんだな」と発言する。35年経っても、やはり皆良い作品を撮りたいという思いは一緒。
(Reviewed >> 3/26/13:DVDにて鑑賞)

 100本映画
という訳で、先日に続いてこの作品を。この映画が制作された顛末は、前回のこちらの最後の方をどうぞ。

前作「テイク1」では、また違う二人の俳優が同じシーンを撮影するんだろうなーという所で終わる。その二人は、女性のアリス役は黒人で男性のフレディ役は白人。この写真の二人ね。この「テイク 2 1/2」では、そこからの映像が使われている。でも冒頭はここからじゃなくて、「テイク1」と同じ時代のフィルムで、ニューヨークのどこかの屋上で今回は監督も含めたスタッフ達が談笑し、監督がスタッフの紹介をする所から始まる。そして、「テイク1」が終わった所からの映像となる。新しいアリスとフレディもやはり同じ設定で決まった台詞はごく僅かで、残りは即興。撮影していると、途中から雷や雨が来る!という事で、撮影は中止。終わった所で、それはどこかの劇場で上映していた映画だった。監督のウィリアム・グリーブス、制作に携わったスティーブ・ブシェミ等が、観客からの質問に答えている映像。と、この続編に携わったスティーブ・ブシェミとスティーブン・ソダーバーグ。ソダーバーグは出演していないが、ブシェミは割りと出てくる。そして新しく35年ぶりにまたニューヨークのセントラルパークで撮ったアリスとフレディのサイコドラマを撮る撮影ドキュメンタリーとなっていく。ブシェミは、その現場にも同行。小さなカメラを手にしていた。ハーレム出身のグリーブスが、ブルックリン出身のブシェミに「通行パスは持ってきたか?ブルックリンからは通行パス無しにはここには居られないぜ!」とジョークを飛ばしていた。なるほど、ニューヨーク内でもそういうイジメじゃないけど、からかう事があるのか。そして35年前と同じように酔っ払いが絡んでくる。でも今回はブシェミに絡む。「スティーブ・ブシェミか?お前さんの映画全部好きだよー」と。しかも上半身裸。そういうのも撮影に影響していく。

そして「テイク1」でも一番反発していた音響のジョナサンも35年ぶりに参加。見事な変わりよう!!「テイク1」では、なぜか黒人のアリス役の人と休憩中にキスしていたジョナサン。今回はさすがに無し。以前と同じようによく喋るが、それでも体系と同じく性格も丸くなったように感じる。前はやたら滅多ら話していた印象だけど、今回は割りとポイントを付いている。気になって調べてみたら、ジョナサンは「テイク1」と同じ年に「テイク1」を題材にしたかのようなドラマ映画を自ら監督していた。よっぽど鬱憤が溜まったんでしょうね。でもその映画はショート映画なので成功を収める事は出来ず、年齢を重ねて丸くなったのでしょう。そして「テイク1」では、黒人スタッフが割りと居たのにあまり発言はしていなかった。輪に入っていない印象を受けた。「別に監督の悪口や愚痴を言う程でもないし」的な態度。しかし今回は黒人スタッフが輪の中に居て発言していたのが印象的。

所で、スティーブ・ブシェミがサンダンス映画祭で「テイク1」を見た時、プロジェクターが壊れ、後ろに座っていたウィリアム・グリーブスが壇上に上がって質問を受けたらしい。グリーブスがすぐに立ち上がって行動したので、それもこの実験的な映画の一部だと、ブシェミは信じていたそう。グリーブスが機転を利かせた行動だと知ってびっくりしたと語っている。そしてブシェミは、グリーブスはジョン・カサヴェテスの映画に影響を受けて、この作品を作ったと信じていたが、グリーブスにあっさり「見てないよ」と言われ、それも衝撃を受けたと語っていた。

前作ではマイルス・デイヴィスの曲がドンぴしゃりで決まっておりましたが、今回の作品ではロン・カーターの曲を使っている。熟成された音楽。時の流れとそれが映画に影響を与えた感じが上手く表現されていましたね。

ちなみに私が大好きな作品「Killer of Sheep / 日本未公開 (1977)」と同じく、あのクライテリオンからDVDで発売されている。しかも両者共にスティーブン・ソダーバーグがプッシュしての発売。ソダーバーグ様々です!

 トリビア
ドキュメンタリー映画の鬼才ウィリアム・グリーブス。グリーブスが35年前に撮った『Symbiopsychotaxiplasm: Take One』の続編。グリーブスの遺作となってしまった。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0436811/
http://en.wikipedia.org/wiki/Symbiopsychotaxiplasm
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2013-01-08
>> HOME