4267
Cast >>Eddie Murphy (Jack McCall), Kerry Washington (Caroline McCall), Clark Duke (Aaron Wiseberger), Ruby Dee (Annie McCall), Allison Janney (Samantha Davis), John Witherspoon (Blind Man) ...
Director >>Brian Robbins
Writer >>Steve Koren
Producer >>Nicolas Cage, Alain Chabat, Stephanie Danan, Norman Golightly, Brian Robbins, Sharla Sumpter
Genre >>Comedy
Country >>USA
Release (US) >>03 / 09 / 2012

 総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
Our words have a profound effect on the entire universe
ジャック・マッコール(エディ・マーフィ)は本関係の凄腕エージェントで、今は人気のニュー・エイジ・グルのドクター・シンジャ(クリフ・カーティス)に目をつけていた。いつのも口八丁で見事に契約を取るが、そのシンジャの所にあった木で怪我をしてから、なぜかその木がジャックの家に突然やってきて、その木についている葉っぱの数だけ話せ、葉っぱが消えた時点で死んでしまうと言われたが...

口達者なエディ・マーフィが喋れなくなるという、それだけでコメディなコメディ作品。しかしアメリカの映画批評家達からは、散々な批評。確かにエディ・マーフィの最高作!だとは思わないが、これはこれで面白い。要は、エディ・マーフィがタイラー・ペリーみたいな映画を作ってる。「Norbit」よりは面白い。ルビー・ディやケリー・ワシントンが共演なので、エディ・マーフィが割りとドラマチックな役者ぶりを発揮している。ルビー・ディとのシーンはかなり見ごたえがある。しかもタイラー・ペリーみたいにくどくないし、説教臭さもない。

あ、エディ・マーフィもこういう映画を作るようになったんだわ!と私は思った。エディ・マーフィに面白さだけを求めている人たちには、この映画は理解出来ない。
(Reviewed >> 5/9/12:劇場にて鑑賞)

 100本映画
何か最近のエディ・マーフィは批評家達に散々な言われよう。この映画も批評家達からの好意的な意見はゼロ。確かにエディの最高傑作!!ではないけれど、ソコソコじゃねぇ?と私は思います。まあエディの好きな作品を10作挙げてといわれて、入る作品じゃないけどね。でも随所にエディらしさが戻って来たわと、エディファンの私は思いましたよ。だって、あのエディが話せなくなるというだけで、悲劇であり喜劇。

エディが演じたジャックという男は本当に愛すべきではない男。嫌で最低な男。欲しい物を手に入れる為なら、どんな事だってする。弱肉強食の世界でも、ジャックは見事に勝ち残っている男である。そのジャックは書籍関係の凄腕エージェント。今はドクター・シンジャという人気スピリチュアルのグルの執筆契約を手に入れようとしていた。しかしそのシンジャの所にある木に触れた時に手を怪我して、その夜に突然その木がジャックの家の庭にやってくる。ジャックが話す度にその木の葉っぱが落ちていく。残った葉っぱは1000枚ほど。シンジャもどうしてかは分からず、海外で調べてくるから3日くれと言われ、その間ジャックは喋らない努力をしていくけど...

ドクター・シンジャの名前がもうアメリカの人気医師ドクター・サンジェイ・グプタ。笑った。グプタはオバマ大統領に公衆衛生局長官のポストをオファーされたけど、なぜか受け入れなかった。でも今はTV番組で超人気。インド系。グプタはスピリチュアル系じゃないけどね。でも絶対にグプタを意識しただろうなーという感じ。

そしてエディとは古い付き合いになるのが、John Witherspoon (ジョン・ウィザースプーン)!!彼のシーンは絶対にエディの「Bowfinger / ビッグムービー (1999)」を思い出しちゃう。やっぱりエディ、上手くなってるな...と。という風にエディの過去作品を匂わすのが、エディらしい。エディらしいと言えば、妻を演じたケリー・ワシントンとのシーンも、ロマンチックな所があったりして、昔のエディぽいなーと思った。「Boomerang / ブーメラン (1992)」辺りのエディね。

でも母親を演じたルビー・ディとのシーンは凄い。演技が出来るエディを見せ付けられている。表情から台詞まで、このシーンだけは別の映画のよう。と、色んなエディが楽しめる。でもリル・ウェインの「ロリポップ」が着信音なのが笑った。

で、ラストの言葉。私はてっきり別の言葉だと思っていたのだけど、あの言葉だったとはヤラレた感じがしました。エディがタイラー・ペリーみたいな事やってみせている。あの言葉で「嗚呼、エディはタイラー・ペリーに見せ付けたんだ!」って思いましたね。タイラー・ペリーがくどく見せている事を、エディはスマートに見せている。そうか、それがテーマだったんだ!と思いました。単なるコメディじゃない。

にしてもさ、999本目が1000の言葉だなんて、上手くスッキリいかないぜ!!無理矢理この作品を1000本目にすべきでしたな!

 トリビア
エディ・マーフィ主演のコメディ。ケリー・ワシントンが共演。死ぬ前に1000の言葉しか使えなくなった男の喜劇。ニコラス・ケイジがプロデュース。
全米公開が3/23/2012から4/20/2012に変更。また4/20/2012から3月9日に変更。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0763831/
http://en.wikipedia.org/wiki/A_Thousand_Words_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=343499

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available

Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2011-09-27
>> HOME