2679
Cast >>Jim Brown (Jimmy Lait), Fred Williamson (Jagger Daniels), Jim Kelly (Mister Keyes), Sheila Frazier (Wendy Kane), Jay Robinson (Monroe Feather), Charles McGregor (Charley) ...
Director >>Gordon Parks Jr.
Writer >>Eric Bercovici, Jerrold L. Ludwig
Producer >>Harry Bernsen
Genre >>Action
Country >>USA

 総合ポイント 4点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
Yes, This time, Mojo!!!
ジミー・レイト(ジム・ブラウン)はLAで成功した音楽プロデューサーだった。ある日、友人のハウス(ジュネロ・ジェニングス)が瀕死の重体のままジミーの元にやってきた。重要な事を言う前に殺されてしまった。そしてジミーの恋人ウエンディ(シーラ・フレイジャー)が誘拐された。ジミー自身も何者かに追われた。ジミーは昔からの信頼する知人のシカゴに住むジャガー(フレッド・ウィリアムソン)とニューヨークに住むミスター(ジム・ケリー)に助けを求めるのだった...

三者三様とはこの事。彼等のもつそれぞれの色が上手い具合に重なったからこそ、生まれた面白さ。クールで鍛錬者ジム・ブラウン、レディースマンのフレッド・ウィリアムソン、職人のジム・ケリー。それぞれの良さが随所に出てくるので飽きない。三者三様であるが故に、それぞれのアクションシーンのリズムの違いが飽きさせない。それに全米を駆け回る主人公達を見ているのも面白い。そして物語も単純で、白人至上主義の愚かさなどの描写はやりすぎな感はあるが、それが逆にヒーローの3人にやられた時に面白さが増す。またアクションも完璧じゃないが、その分派手で良い。

やった、今回は上手い事やってくれた!彼等は地球を救うヒーローじゃないが、時代が求めた黒人ヒーローなのである。
(Reviewed >> 2/14/10:DVDにて鑑賞)

 100本映画
Not Yet

 トリビア
ジム・ブラウン、フレッド・ウィリアムソン、ジム・ケリーというブラックスプロイテーション映画のヒーローが揃ったアクション映画。「スーパーフライ」の監督でゴードン・パークスの息子であるゴードン・パークス・ジュニアが監督。
「One Down, Two to Go / ザ・リボルバー/怒りの38口径 (1982)」は正式な続編ではないが、そのような関係。
劇中ではジム・ブラウンが、あのインプレッションズのプロデュースをしているのが観れる。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック
1. Make a Resolution
2. Wendy
3. That's What Love Will Do
4. Something's Mighty, Mighty Wrong
5. Mister Keyes
6. Having a Ball
7. On the Move
8. Three the Hard Way (Chase & Theme)

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0072284/
http://en.wikipedia.org/wiki/Three_the_Hard_Way_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=17490

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2005-12-15
>> HOME