1151
Cast >>Lex Scott Davis (Toni Braxton), Debbi Morgan (Evelyn Braxton), Skye P. Marshall (Towanda Braxton), Tiffany Hines (Tamar Braxton), Cortney Scott Wright (Traci Braxton), LaToya Franklyn (Trina Braxton), Andre Hall (Lewis), Gavin Houston (Kenny 'Babyface' Edmunds), Greg Davis Jr. (LA Reid), Doron Bell (Scott Rhodes), Celeste Sullivan (Pebbles), Toni Braxton ...
Director >>Vondie Curtis-Hall
Writer >>Susan McMartin
Producer >>Craig Baumgarten, Marcus Grant, Erik Kritzer, Shawn Williamson
Genre >>Biography
Country >>USA
Release (US) >>01 / 23 / 2016

 総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>3 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
"So many ways, show you a real good time"
トニ・ブラクストン(レックス・スコット・デイビス)は姉妹と共にライブの真っ最中に倒れてしまった。遡ること1992年、トニは妹のトレイシー、トワンダ、トリーナ、テイマーたちと共に歌のリハーサルをしていた。LAリード(グレッグ・デイビス・ジュニア)とベイビーフェイス(ギャヴィン・ヒューストン)がやってきて、彼女たちの歌を聞いた。彼らはトニの歌声に惹かれ、姉妹グループ「ザ・ブラクストンズ」ではなく、トニとだけ契約したいと申し出てきた。悩むトニだったが、トレイシーの説得でソロとして契約。すぐにスターダムを駆け上るが...

最近女性歌手&グループ(アン・ヴォーグやアリーヤにホイットニー・ヒューストン等)の自伝映画に精力的なライフタイムチャンネルによるテレビ映画。ただしライフタイムチャンネルの映画は当たり外れの格差が激しい。いや正直に書くと外れが多い。そして監督はヴォンディ・カーティス=ホール。彼も当たり外れの格差が激しい。が、最近は外していない。いや外したのはマライア・キャリーとの『グリッター』位か。という訳で、当たり外れの格差が激しい人達が作った今回は、当たりではないが、外れでもない!正直、トニ・ブラクストンの映画が作られると聞いた時には、破産位しかネタがないけど大丈夫か?と思ったが、実に面白い映画となっていた。先に作られた(こちらはライフタイムではなくVH1制作)TLCの映画『CrazySexyCool: The TLC Story / 日本未公開 (2013) (TV) 』と同じくぺブルスとLAリードを見事に悪役として描いた事が正解であった。そしてベイビーフェイスが正義。分かりやすい構造でとても見やすい。映画で描かれたように10年経った事で、トニ自身がフランクに語れる事も幸いしていた。

どこの家庭でもお姉ちゃんは頼りになる。プレッシャーも大変そうだけど、お姉ちゃん偉い!頑張った!制作の人々も良く話を広げた!頑張った!!
(Reviewed >> 1/26/16:TV放映にて鑑賞)

 100本映画
良いかどうかは置いておいて、TV映画を量産しているライフタイム・チャンネル制作のトニ・ブラクストン自伝映画。トニですよ!トニは独特な声といい素晴らしい歌手だけど、正直映画が出来る程の物語はあるのか?とちょっと不安には思った。しかもライフタイムだし。あの物語がありあまるアリーヤの自伝映画『Aaliyah: The Princess of R&B / 日本未公開 (2014)』ですら、あんな風に滅茶苦茶にされたし... 正直不安しかなかった!けれど...

1992年、トニ・ブラクストン(レックス・スコット・デイビス)とトレイシー、トワンダ、トリーナ、テイマーの4人の妹たちは、LAリード(グレッグ・デイビス・ジュニア)とベイビーフェイス(ギャヴィン・ヒューストン)の前で歌っていた。彼女たちの才能に満足したLAリードとベイビーフェイスだったが、女性グループはもう居るので、トニをソロとしてデビューさせようという意見で落ち着いた。それを聞いたトニはショックを受ける。妹たちと歌えると思ったのに... もちろん妹たちも反発。そして母(デビー・モーガン)も激しく反発した。母もその昔に歌手としてデビューするチャンスがあったが、やはり一人のソロという事で断りダメになった経験があったのだ。しかし、トレイシーがみんなを説得。ソロとしてデビューする事になった...

あれ?ちょマテヨ...面白いじゃないですか!ライフタイムのくせに!なんでだろう?あー、あれだ。LAリードとペブルスだ!!この2人が出てくると映画が面白くなる。『CrazySexyCool: The TLC Story / 日本未公開 (2013)』の時と同じパターンだ!映画だとこういう分かりやすい描写で面白くなるのだ。ペブルスの悪女描写は最高!ゾクゾクします。でもね、こうやって書くと勘違いされてしまうので、ここからは太字で書きますので、注意してよーく読んでください。ペブルスとLAリードの才能の発見の臭覚とプロデュース力は半端なく凄い!それがなかったら、TLCもトニ・ブラクストンも無かったし、すなわちこの映画も無かった。私の大好きなアウトキャストだってなかった。でもペブルスはTLCとトニとで2回も裁判やっている訳ですから...何かあったのは事実だと思うんですよね。音楽って本当にお金掛かる。MV作ったり、バンド抱えてツアーやったり... お金掛かるよね。この映画でもバンドがお金払われていないって、ケリがトニに直訴するシーンあるじゃないですか?ソロとなれば、大きな舞台の座長として色んな事を管理させられているんだなって思いましたよ。あれ?そういうのをちゃんとする人居ないの?って。そういう面倒でややっこしい世界の中で、抜け道を作って、お金を儲けるのが上手い人達がいて、それがLAリードとペブルスだったなっと。でも映画ではそういう細かい事まで描けないから、ああいう風に分かりやすい悪役キャラにさせられているのですよ。『ストレイト・アウタ・コンプトン』で言うなら、マネージャーのジェリーみたいに。「ロブスター食ってただろ!」的な。ミュージシャンからしてみれば、まずはデビューする事に躍起、そして売れてきたーーーー!と車貰ったり衣装を与えられたりする。お金の事や契約の事なんて分からなくて当然ですよ!だからこそ、今度はLAリードとペブルス側からの映画を観てみたいものです。彼らなりの物語がある筈ですから。

まー、何がカッコいいってベイビーフェイスですよ!!!これ観たら、確実にベイビーフェイスのファンになるわ!って位にカッコいい。素敵。もう想像通りの貴公子!!そしてもちろん主役のトニ・ブラクストンも素敵。素敵なお姉ちゃん。頼りになる。何が素敵って、愛した男を決して悪く描かない事ですね。元夫との別れとかも、彼だけが悪者にならないように描かれている。ああいう失恋ソングを歌うだけありましたわ。これから彼女の歌を聴くときにも説得力が増しますわ。でも姐御って感じじゃないんだな。お姉ちゃんなんだな。トレイシーも良い子!そして妹のテイマー役がそっくり過ぎで笑える。

所で、TLCの映画放映後に悪役として描かれたペブルスが物凄く激怒しておりましたが、今回はそうでもない。トニ自身が「ああいう風に描かれしまったけれど、ペブルスのサポート無しには私は成功できなかった」と、フォローしていたからみたいですね。その辺の根回しもさすがお姉ちゃん!

 トリビア
歌手トニ・ブラクストンのTV自伝映画。ライフタイムチャンネルにて放映予定。監督に『グリッター きらめきの向こうに』や『L.A.デンジャラス』のヴォンディ・カーティス=ホール。主役のトニ・ブラクストン役に長編映画新人のレックス・スコット・デイビス。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt5037902/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Not Available
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book

Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2016-01-06
>> HOME