2654
Cast >>Richard Pryor (Jack Brown), Jackie Gleason (U.S. Bates), Ned Beatty (Mr. Morehouse), Scott Schwartz (Eric Bates), Teresa Ganzel (Fancy Bates) ...
Director >>Richard Donner
Writer >>Carol Sobieski, Francis Veber (film)
Producer >>Phil Feldman, Ray Stark
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >>2 演技 >>5 演出 >>3 音楽 >>4

 レビュー
"What's the matter, I'm in the back!'
ジャック(リチャード・プライヤー)はライターだったが、地元の新聞社「The Bugle」は黒人記者を雇わないので、仕事が無く、家ももう少しで売りに出されてしまう所だった。ジャックは色々と仕事を探したがあてもなく、仕方なく「クリーニング・レディ」として、「The Bugle」のオーナーであるU.S・ベイツ(ジャッキー・グリーソン)の元で働く事になった。そこにベイツの息子エリックが1週間戻ってきて、ベイツのデバートで欲しい物は全て持ってきていいといわれ、エリックはたまたまそこに居たジャックを選び、家に持ってきてしまう...

コメディアンのナンバー1に幾度も選ばれているリチャード・プライヤーと、同じく喜劇俳優として伝説となっているジャッキー・グリーソンという夢のような組み合わせが実現したコメディ作品。
この映画が日本にやってきた時には、まだ10代そこそこだった私は爆笑し、リチャード・プライヤーが演じたジャックの表情に一喜一憂したのを覚えている。しかし今見てみると、色々と違った風に見えてくる。ベイツの部屋には南部の旗、そして未だに黒人がメイドとして使われている。ジャックもいわば、お金で買われた訳であり、現代的な奴隷である。その辺りを80年代らしく軽快に見せているかと言えば、そうでもない。リチャード・プライヤーの台詞はプライヤー・イズムが感じられたけれど、それが全てを払拭するかと言えばそうではなかった。結局は昔のマミーと同じく、白人の良いように手助けしただけであった。ジャックは記者として雇われるが、才能ではなく、借りである。残念な演出によって、ジャッキー・グリーソンも頑固な南部人にしか見えなかったのが非常に残念である。

無知ならそこそこ面白い作品。しかし事情が分かると、頭を掻くしかない映画。80年代でももっと上手い方法があったように思える。
(Reviewed >> Uknown:ビデオにて鑑賞,6/14/12:DVDにて再見)

 100本映画
最近ちょっとお疲れちゃんなので、コメディが見たい!と思って目に飛び込んできたのがこの映画。これ昔見て、ゲラゲラと笑った覚えがあったんだけどな... リチャード・プライヤーの中でも好きな作品な筈だったんだけどな... 時が経てば、映画への思いも変わるものですね。

私、リチャード・プライヤーも大好きですが、意外と?ジャッキー・グリーソンも大好き。「恋のじゃま者」は名作。その2人が共演ですからね。この映画が好きで何度か見ているのですが、でも最近は久々。というか、多分15年以上は軽く見てない。15年分私も成長してしまったせいか、やるせない気持ちになってしまいました。80年代初期って、人種摩擦を割りと軽快に描いていて、それが逆に良かったことが多かった。でもこれも割りと軽快に人種を描いているのだけど、なんだかなーという感じになってしまいますね。リチャード・プライヤーもジャッキー・グリーソンも頑張っていたけれど、何か空回りかな。

アメリカの批評家達のコメントを集めたサイトRotten TomatoesのTV番組の中で、子供に見せてはいけない子供映画のトップ5の中のひとつに選ばれてしまった作品でもある。理由のひとつは人種の描き方にあると思うのだけど、もう1つはこの映画の子役がポルノ男優になったという事実にも皮肉を込めて選んだらしい。この子役がアメリカの「ザ・子役」っていうルックスなんだよね。トム・ソーヤぽい風貌。まあ話し方もそんな感じ。

物語はお金持ちのボンボンの息子が「あそこの面白黒人連れてきて!」と、リチャード・プライヤーを玩具にしちゃうのです。後はお決まりですね。面白黒人が白人を救うの巻です。まずリチャード・プライヤーが演じたジャックというキャラクターは、お金で買われて好きに扱われるというのは、なんともスッキリしない。所謂、奴隷に近い。鞭で背中を打つ訳じゃないけど、結局は買われた方はお金で縛られていて、使われる身。自由は無いよね。奴隷時代だったら、ハウス・ニグロっていう状態。そしてなぜかジャックは子役の世話役の女性にやたらと襲われそうになる。黒人男性の性的な神話を無駄に感じられる。ジャックには落ち度は全くないけれど、所謂、バックスと呼ばれる黒人のステレオタイプ。そして最後にはこのお金持ちの家族の問題を家庭に入って解決しちゃうっていうから、これは完璧にハティ・マクダニエルズに代表されるマミーの定番。と、まあスッキリしないよね。確かにリチャード・プライヤーぽい台詞に味付けは感じられるんだけど、そんな台詞もこの映画の後味の悪さを助ける事は出来なかった。まあ何より、大好きなジャッキー・グリーソンが南部の超差別男に見えちゃうのが残念だった!!つーか、この作品が「グーニーズ」とかのリチャード・ドナー監督っていうのが、ショックですわ。

今だったら、設定が逆で黒人がお金持ちで...とかで、リメイクとかあるかもしれないけど、それはそれで面白くなさそうだわ。

あの頃の私はまだまだこんな事は分かるような10代じゃーなかった。確かにだから子供には見せてはいけない子供映画だね

 トリビア
コメディ界最高峰のリチャード・プライヤーが、「恋のじゃま者」のジャッキー・グリーソンと共演したコメディ映画。リチャード・プライヤーが彼らのオモチャとなって奮闘する。 フランス映画のリメイク。

 その他

 受賞歴
* Young Artist Awards
1984 Won Best Young Supporting Actor in a Motion Picture : Scott Schwartz

 サウンドトラック
1. "I Just Want To Be Your Friend" - Jeffrey Osborne

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0084809/
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Toy
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=3843

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-03-24
>> HOME