4042
Cast >>Priscilla C. Shirer (Elizabeth Jordan), T.C. Stallings (Tony Jordan), Karen Abercrombie (Miss Clara), Beth Moore (Mandy), Michael Jr. (Michael) ...
Director >>Alex Kendrick
Writer >>Alex Kendrick, Stephen Kendrick
Producer >>Stephen Kendrick, Gary Wheeler
Genre >>Drama
Country >>USA
Release (US) >>08 / 28 / 2015

 総合ポイント 3.25点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>3 演出 >>3 音楽 >>3

 レビュー
"Because victories don't come by accident"
エリザベス(プリシラ・C・シャイラー)は製薬会社に勤め成功しているトニー(T.C.・ストーリングス)と結婚し、ダニエラという一人娘を授かり幸せな生活をしている筈だった。しかし最近はトニーとの関係がギスギスしていた。エリザベスは不動産関係の仕事をしていて、クララ(カレン・アバークロンビー)の家を売る準備をしていた。クララはエリザベスにストレートに夫との仲が上手くいってないんでしょう?これから1時間で良いから私の所に来て、夫との関係が上手くいくように話さない?と話しかけた。最初は反発したエリザベスだったが、クララは自分が神の為に祈りを捧げる「ウォー・ルーム(作戦指令室)の話を聞いて、自分も実践してみるが...

アメリカでは『ストレイト・アウタ・コンプトン』と同じ時期に公開され、謎の大ヒットとなったキリスト教の信念がベースとなっているドラマ作品。観たけれど、なぜにヒットしたのか未だ謎である。普通の(何が普通なのかが問題だが)キリスト教映画である。神に祈りを捧げれば全てが好転する...という、タイラー・ペリーの作品などで見られる同じメッセージが詰まった作品。元々は白人キャストで撮影される筈だったが、なぜか黒人キャストで撮影。しかしその変の違和感は全くない。マディアおばさんが出てないタイラー・ペリー作品ぽかった。神に祈りを捧げ、善行を常に心がけ、間違いを正して、そして努力する。っていう、それがタイラー・ペリーと同じ。まあ同じキリスト教映画なので当たり前なのですけど...

観ればなぜにヒットしたのか謎が解けると思っていた。しかし観た後もやっぱり謎であった。クリスチャンだとこれはグッとくるのかな?多分そう。
(Reviewed >> 1/13/16:DVDにて鑑賞)

 100本映画
N.W.Aの自伝映画『Straight Outta Compton / ストレイト・アウタ・コンプトン (2015)』が大ヒットした2015年夏のアメリカ。『コンプトン』公開から3週目に公開され、なんと2位となったのがこのキリスト教映画だ。しかも次週にはその『コンプトン』を1位の座から引きずり降ろして、見事に1位を獲得。って、この映画は誰も知らない監督&俳優なのに何なんだ!と話題になった作品。いや、本当に今でもなんであんなにヒットしたのか謎。なんで?

エリザベス(プリシラ・C・シャイラー)は不動産仲介業をしており、製薬会社に勤めて成功した夫トニー(T.C.・ストーリングス)と娘ダニエラと暮らしており、一見幸せそうな家族であった。しかし最近はエリザベスとトニーの間で会話もままならず、すれば喧嘩で、ギスギスしていた。トニーは仕事一辺倒。家族の為にと躍起になっていた。娘ダニエラの話もまともに聞いていない。エリザベスが今度仲介するのは、クララ(カレン・アバークロンビー)というおばあちゃんの家。一人で住んでいるので手放す事になった。クララはエリザベスの状況をすぐに読み取る。「家庭が上手くいってないんでしょう?私が話しを聞くわ」と、勝手に段取りをしてしまう。戸惑うエリザベスだが、クララは間違っていないので、話しを聞いてもらう。クララの亡くなった夫は軍人で戦術・作戦指令室(ウォー・ルーム)担当だった。クララも自分の家のクローゼットをウォー・ルームと呼び、そこで神への祈りを続けていたのだった。早速、自分のクローゼットをウォー・ルームにするエリザベスであったが、夫に近づく女性が居て...

まあ本当になんでヒットしたのか分かりません!!!正直書くと、タイラー・ペリー作品で免疫ついているので、同じじゃん!と思ってしまった次第であります。いやね、まだね、タイラー・ペリー作品なら分かるんですよ。結構有名な俳優(過去にはイドリス・エルバやタラジ・P・ヘンソン等)を使ってますし、まあ何しろタイラー・ペリー自体が黒人の間では物凄い知名度ですから。でもこれは監督も俳優も誰?って感じですし... しかもキリスト教映画としても普通。何か凄い特徴がある訳でもないし、派手な仕掛けがある訳でもないし、逆に話題になるような問題論争がある訳でもない。ただただ普通。いや、普通以下かもしれませんよ...(´・ω・`)

唯一良い所があるとすれば、娘のダニエラちゃんがカワ(・∀・)イイ!!って事位だったり...

2015年夏のミステリー。で、私、思い出したんですよね!たまに映画館が教会に貸し切られている事を!教会バイブル地帯と言われるここ南部では、意外にもまだそれを目撃していないのですが、LA時代に見ました!1回2回じゃなく、割りと頻繁に!どっかの経済力のある教会が映画館を貸し切ったんですかね?そうに違いない!そうじゃないと、このヒットはオカシイ!!神の力か!!ああー、本当に謎。誰か解決してぇええー!

 トリビア
キリスト教系映画。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
US Official SiteNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt3832914/
https://en.wikipedia.org/wiki/War_Room_(film)
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=355830

 関連商品(アマゾン)
DVD or VHS
from Amazon.com
Blu-Ray
from Amazon.com
Video On Demand
from Amazon.com
Book
from Amazon.com
Soundtrack
Not Available
from Amazon.co.jp
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2015-08-28
>> HOME