3863
Cast >>Shirley Jo Finney (Wilma Rudolph), Cicely Tyson (Blanche Rudolph), Jason Bernard (Coach Temple), Joe Seneca (Ed Rudolph), Denzel Washington (Robert Eldridge, age 18), Charles Blackwell (Coach Gray) ...
Director >>Bud Greenspan
Writer >>Bud Greenspan
Producer >>Bud Greenspan
Genre >>Biography
Country >>USA

 総合ポイント 3.5点/5点満点中
内容 >>4 演技 >>4 演出 >>3 音楽 >>3

 レビュー
America's greatest success story
ウィルマ・ルドルフは小児麻痺で生まれ、片足を上手く動かせることが出来ず、歩くことも困難だった。しかし母(シシリー・タイソン)や父(ジョー・セネカ)の献身的な支えで12歳で歩けるようになった。高校生になり身長が著しく伸びたウィルマ(シェリー・ジョー・フィンリー)はバスケット部の控え選手として記録を持つ程になった。部のコーチは、地元テネシー州立大学の陸上のサマーキャンプに参加を勧める。そこでウィルマは、コーチ・テンプル(ジェイソン・バーナード)に出会った。

主人公のウィルマの努力や周りの人々の献身的な支えには、ただただ感動する。努力すれば不可能に見える事だって可能になる事を教えてくれる。そして困難にだって立ち向かえばいい。彼女の並々ならぬ努力を見ていると、私達は泣き言ばかり言っているようにも感じた。でもいくら努力したってオリンピックの選手に全員がなれない事は誰でも知っている。彼女にはやはりそれを開花させる才能もあった事と思う。足を完治してからわずか4年でメルボルンオリンピックに参加し、しかも銅メダル。その4年後には3つの金メダル。
ただ映画の演出はスポーツ映画らしいゾクゾク感は無いので、主人公との一体感は無い。ウィルマの大変な環境は分かったが、陸上選手になってからの努力や苦悩は余り見せてくれなかったのが残念。題材が素晴らしいだけに、もっと感動的でゾクゾクする映画になりえた可能性が十分にある。

ウィルマ・ルドルフという女性は本当に素晴らしい努力で素晴らしい成果を残した女性。その彼女の残した成果の全てを描写している訳ではないが、彼女の生い立ちを知るのに分かりやすい入門書的な作品。
(Reviewed >> 5/22/10:DVDにて鑑賞)

 100本映画
という訳で観てみました。というか騙されていたんだよね。この映画2時間20分もあると書いてあったので、それを信じていたんです。そしたら1時間40分の普通の映画だった。2時間越えする映画は中々手が伸びません。夜の9時から観て11時頃終わる映画が丁度良い。次の日ラク...という私の幼稚な睡眠時間の理由だけです。という訳で観ました。

あの...かの...我々のデンゼル・ワシントンがデビューした作品。しかもこの作品をきっかけにポーレッタ夫人と出会い結婚。デンゼルにとっては思い出深い作品でしょうね。主人公ウィルマ・ルドルフの彼氏を演じております。そのウィルマ・ルドルフは16歳でメルボルンオリンピックに参加し銅メダルを獲得、次の1960年のローマオリンピックで金メダルを3つ獲得。なんて書くとね、普通に陸上の才能があった選手と思いますよね。でもそこまで辿り着くまでが壮絶。ド根性です。テネシーの大家族で生まれ育ち、4歳の時に小児麻痺により歩くことも困難になり、特殊な器具をつけて歩いていた。お母さんの献身的な介護と本人の強い意思により、12歳で完治。高い身長に恵まれて中学ではバスケットボールを始めた。学校で記録に残る補欠選手に育った。バスケットボールのコーチの案により、同じテネシーにあるテネシー州立大の陸上のサマーキャンプに参加。陸上選手としての才能を開花させた。この大学の陸上コーチがオリンピックのローマ大会と東京大会で女子の陸上トラックのヘッドコーチに就任。このコーチがヘッドコーチ就任の報告を受けた電話のシーンが良いですね。分かるなー、あの気持ちという感じでした。このコーチの元で育った選手も多く、ウィルマの次に東京オリンピックで金メダルを獲得した選手も同じ大学出身。映画では主にこのコーチとウィルマの環境や関係、そしてウィルマと両親との関係が描かれております。ウィルマの母を演じたのがド根性南部女性を演じさせたら天下一品のシシリー・タイソン。前にも書きましたがニューヨーク出身なのに、なぜか南部女性を演じるのが上手い。

デンゼル・ワシントンが演じた男性とウィルマはまだウィルマが足に器具をつけていた頃からの幼馴染。それから恋人に発展。実際にウィルマはその男性と結婚しております。後に離婚しちゃったけど。デンゼルは珍しく女性と可愛くいちゃついてるんですよ(あれを脇で若い付き合いたてのポーレッタが見ていたと思うと、デンゼル、君は罪な男だ!)。赤いレトロでとっても窮屈そうなタイトな水着のサービスショットまで見せてくれています。わぉ。

点数が低いのは、ウィルマという女性の人生の描写は上手かったけれど、スポーツ映画特有の感動が得られなかったからです。そのスポーツの興奮の描写がイマイチでしたね... 同じ陸上でも「炎のランナー」なんて音楽とスローモーションだけで泣けたじゃん。ああいう感動よ!ヴァンゲリスのあの曲はなぜかパロディされる事が多いけれど、でも自分でも走る時にはあのテーマ曲浮かびません事??燃えて汗だくの時には「ロッキー」のテーマ曲だけど、クールに気持ちよく走ってる時にはヴァンゲリスの「炎のランナー」でしょ!という事で走るというシーンだけでも感動なシーンが撮れた筈なのよね。残念。

 トリビア
1960年のローマオリンピックで短距離の金メダルを3つ獲得したウィルマ・ルドルフの自伝映画。彼女は小児麻痺で歩くことも出来なかったが、母親と家族の献身的な介護のお陰で歩けるようになり12歳で完治。オリンピックランナーにまで成長した。
「サウンダー」等の名女優シシリー・タイソンが母を演じた。デンゼル・ワシントンのデビュー作で、後に妻となるポーレッタのデビュー作でもある。

 その他

 受賞歴

 サウンドトラック


Soundtracks not available

 関連記事
* 映画秘宝EX涙の千本ノック! スポーツ映画大全集にて映画の紹介

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0076923/
Not available from Wikipedia
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2277

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2010-05-22
>> HOME