1366
Cast >>Jackie Long (Trey), Jason Weaver (Vince), Mya (Keiley), Melyssa Ford (Katherine), Essence Atkins (Candace), Angell Conwell (Sida), Clifton Powell (Cinque), Big Daddy Kane ...
Director >>Russ Parr
Writer >>Russ Parr, Kelly Neilon, Charles Stewart Jr.
Producer >>David Eubanks, Eric Tomosunas ...
Genre >>Comedy
Country >>USA

 総合ポイント 3.75点/5点満点中
内容 >>3 演技 >>4 演出 >>4 音楽 >>4

 レビュー
B-rated but fine work. You will like it.
トレイ(ジャッキー・ロング)はBBQ店で働き、店主の息子でトレイの幼馴染ヴィンス(ジェイソン・ウィーバー)と共に、主に配達を担当していた。ある日、大学のパーティに配達に行った時に、美しいケイリー(マイヤ)に出会った。しかしケイリーには長年交際しているフットボールの花形選手の恋人カールトンが居た。バイトのトレイに勝ち目は無かった。トレイは父亡き後、おじのマック(リチャード・ローソン)に育てられた。おじは父と共に始めた音楽スタジオを所有していたが、地元の若者達を助ける余り、スタジオ経営は悪化し、立ち退きを言い渡されていたのだった...

監督のラス・パーは上手い具合の映画をいつも作っているように思える。前作の「The Last Stand (2007)」もそうだった。最高の映画では決してないが、最悪でもないいい具合の映画である。キャスティングについても、いつもいい具合。超有名でないけれど、下手な人々じゃない心地よさ。そしてブラックムービーの典型的なラブコメディかと思えば、本気で笑ってしまうシーンが多い映画だ。物語もありきたりだけど、捨てがたい。本気でなく、肩に力が入ってなく、真剣に本人達が楽しい映画を作っているように感じた。脇の人々も中々いいキャラクターを作っていた。

観客側のこちらも本気で見ちゃいけない。肩の力を抜くと、自然に大笑いしている事に気がつく。バカだなーと思いつつ、好きなキャラがいつの間にか増えている。ラストも普通なんだけど、割りと爽やか。捨てがたいB級作品の佳作。
(Reviewed >> 5/19/10:DVDにて鑑賞)

 100本映画
陽気なラブコメディです。ジャッキー・ロングとジェイソン・ウィーバーという、プチ「ATL / 日本未公開 (2006)」同窓会でもあります。と言っても余り有名じゃないですよね。ジェイソン・ウィーバーは90年代初期から歌手や俳優として活躍する芸歴が長い俳優。でも見た目はその頃から全然変わらない!童顔の可愛子ちゃんです。「The Jacksons: An American Dream / 日本未公開 (1992)」では小さい頃のマイケル・ジャクソンを吹き替え無しで演じてましたね。ジャッキー・ロングは二代目マイケル・ライト(日本映画「ベットタイム・アイズ」の主役)ですね。若いのに声が超渋い!そして元セリーナ・ウィリアムスの彼氏。セリーナとは割りと長く付き合っていたけど、別れちゃいましたね。この頃じゃないかな?別れたの(適当)。そのジャッキー・ロングが主役。歌手のマイヤがお相手役。そして有名人との数々のスキャンダルがあるメリッサ・フォードも出演。

と、出演者だけで中々のB級...いやC級の臭い。と口の悪い私。ジェイソン・ウィーバーは上手いけどね。監督がラス・パー!って、知らないよ!!!!!そうだよね、知らないよね。C級だね。本当は人気ラジオパーソナリティ、そしてインディペンデントの監督で私も「The Last Stand / 日本未公開 (2007)」位しか知らない。というか、それが映画監督デビュー作。この映画が2作目なんです。前作「The Last Stand / 日本未公開 (2007)」ではスタンダップコメディアンを主役にして、コメディという華やかな世界をダークに描いた作品でした。今回は恋愛をテーマに逆に明るく描いたコメディ。恋愛の部分を期待して見ると、実にツマラナイかもしれないけれど、コメディとしては中々面白い!くだらないと思いつつ、ついつい笑ってました。「Doubt & K-3」というラップデュオが出てくるんですが、この2人が漫才みたいに掛け合っていて笑ってしまいます。特にDoubtのキャラはフレイヴァー・フレイヴとかリル・ジョンのキャラを足した感じ。バカだけど憎めないタイプの男で、最後にいいんだこの男が。この男が泣かすとは思わなかった!「Frankenhood / 日本未公開 (2009)」のエンジェル・コーンウェルはニッキー・ミナージみたいで可愛い。


この手のB級・C級・Z級の映画にはお馴染みのクリフトン・パウエルも登場。ジャッキー・ロングとジェイソン・ウィーバーが働いているBBQ屋さんで働いている。ちなみにウィーバーの役はこのお店の店主である白人夫婦の養子。この白人夫婦が所謂ウィガー(Wigger/黒人の真似する白人)で笑える。クリフトン・パウエル演じる役はアフロセントリック(アフリカ回帰)な人で、黒人の現状や歴史をこの白人の店主に語り始めると、その店主は同情でいつも泣いてしまうというオチ。2人でチットリンを洗うシーンとかまである。

ラス・パーは「コメディ」という物を扱うのが上手いですね。今回は大笑いさせて頂きました。でも先に書いたように、ラブロマンスを期待すると...失敗するでしょう。中々、サクサクと観てしまうと思います。全然良い映画という訳じゃないですよ。でも確実に楽しめるとは思います。

 トリビア & etc...
「ATL」のジャッキー・ロングとジェイソン・ウィーバーが主演のラブコメディ。歌手のマイヤやビック・ダディ・ケインも出演。共演には「Bones/ボーンズ」のクリフトン・パウエルや「Wash」のアンゲル・コーンウェルやエッセンス・アトキンス等。

 受賞歴

 サウンドトラック
1. "Happy" - Tamia

Soundtracks not available

 関連記事

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt1172996/
Not available from Wikipedia
Not available from Allcinema

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Not Available
Video On Demand
Not Available
Book
Not Available
Soundtrack
Not Available
Not Available
Not Available
Not Available
Not AvailableNot Available
Privacy Information

Last Modified: 2008-11-02
>> HOME