3533
Cast >>Richard Roundtree (John Shaft), Moses Gunn (Bumpy Jonas), Charles Cioffi (Vic Androzzi), Christopher St. John (Ben Buford) ...
Director >>Gordon Parks
Writer >>Ernest Tidyman
Producer >>Joel Freeman
Genre >>Action
Country >>USA

 総合ポイント 5点/5点満点中
内容 >>5 演技 >>5 演出 >>5 音楽 >>5

 レビュー
"You want to play your super heavy black number"

(Reviewed >> Unknown/5/10/19:DVDにて鑑賞)

 100本映画
なぜジョン・シャフトは70年代に誕生し愛されたのか?『黒いジャガー』

6/14からアメリカでは劇場公開、日本では配信開始予定の『Shaft / 日本未公開 (2019)』を前に、今なぜまたシャフトなのか?じっくり考えたいと思った。『Moonlight / ムーンライト (2016)』のような繊細な作品がオスカーを獲得し、そして『Black Panther / ブラックパンサー (2018)』という待望されたヒーローが登場し興行的に成功したばかりなのに、なぜ今ブラックスプロイテーションをリブートするのだろう?と、制作決定ニュースを聞いて思った。ホームページでもシャフト関係全然アップしていないし、『Shaft / シャフト (2000)』のジョン・シングルトン監督が他界して非常に悲しいし、リブートはなぜ今なのか分からなかったけれど、でも旧作を見直すならば、今だと思った。1作目となる『Shaft / 黒いジャガー (1971)』は、ライフ誌の写真家と知られており、『The Learning Tree / 知恵の木 (1969)』の監督・脚本・制作を担当したゴードン・パークス監督作品。70年代流行したブラックスプロイテーションの先駆けとも言われている作品。アイザック・ヘイズが音楽を担当し、なんとアカデミー歌曲賞を受賞している。

42番街を歩くジョン・シャフト(リチャード・ラウンドトゥリー)。盗品の時計を売っている男やデモに出くわしながらも、情報をもらうために靴磨きに行った。シャフトは私立探偵だったのだ。そして事務所に戻ると、見知らぬ男たちに襲われ格闘の末に男を窓から投げ捨てた。どうやらハーレムを仕切る大物ギャングのバンピー(モーゼス・ガン)が送り込んだ男たちで、バンピーに呼ばれているらしい。刑事(チャールズ・シオフィ)にこっぴどく絞られ、6ヶ月間銃を使わせないようにすると言われるが、48時間の猶予をもらった。バンピーの所に向かうと、娘が誘拐されたので探して欲しいという依頼を受けたのだった。ギャング同士のいざこざに巻き込まれ、ニューヨークの街で死闘の救出が始まる...

今なぜまたシャフトなのか?を考える前に、なぜこのオリジナルが70年代に誕生したのか?を紐解く方が答えに近づく気がした。先に書いたように、この作品はブラックスプロイテーションの先駆けとなり、この映画を機に増えていく。監督こそ黒人のゴードン・パークスだが、脚本は白人のアーネスト・タイディマン。そのタイディマンの同名の小説が原作である。黒人の私立探偵が、黒人のギャングのボスから助けを求められる。警察には相談出来ないからだ。そしてシャフトも若い黒人活動家グループの助けを借りることになる。黒人脚本家が書いたような筋書である。1968年、キング牧師が暗殺され、西海岸ではブラックパンサー党がコインテルプロで苦しみ闘争が激化していた頃。善も悪も黒人同士が結束して巨大なシステムに立ち向かい女性を救い、悪を出し抜きシャフトが高らかに笑う。まるで古くから伝わる黒人民話のようである。でもセリフの節々やセックスアピールで、やはり行き過ぎた黒人像を感じてしまう。今と当時の意識や価値観の差もあるのだろう。当時は、セックスアピールもしない言葉もしっかりした真面目な男は、誰にでも従うショーケースの中の男と呼ばれ、アンクル・トム(主人に従順)とまで呼ばれる始末なのだから。非暴力を訴えたキング牧師の命を銃弾が奪った後、「ブラックパワー」という言葉が持て囃されたことでも分かるように、黒人が欲したのがパワーだった。アカデミー賞を取った「黒いジャガーのテーマ」の歌詞に「シャフトは複雑な男で誰も理解しないけれど、奴の女だけは理解してくれている」にもあるように、人種関係なくモテモテで遊んでいるbad mother...なセックスシンボルという価値観だったのは仕方ないことかもしれない。そしてそれが当時の黒人男性にとっての自由でありパワーの象徴だったのかもしれない。そして、そんな男性像をたった29歳の新人俳優リチャード・ラウンドトゥリーが演じている。20代とは思えないほどの貫禄と余裕は強さを感じ、シャフトをよりセックスシンボルへとしている。そしてそのセックスアピールで感じるパワーこそ、若者たちを惹きつけた。だから劇中でも若者たちがシャフトの味方になり助ける。

危険を顧みず同胞の為に戦う男って誰だっけ?(シャフト!)だろ?

 トリビア
写真家のゴードン・パークスが「知恵の木」に続いて監督したのが、この大ヒットとなった「黒いジャガー」。この映画を機に、各スタジオは大量のアクション映画を作る事となった。アイザック・ヘイズが作曲した「シャフトのテーマ」がオスカーの主題歌賞を獲得。主演は、元はモデルだったリチャード・ラウンドトゥリー。共演には、「Cornbread, Earl & Me」のモーゼス・ガンが、町のボス役。

 その他
*『Shaft's Big Score! / 黒いジャガー/シャフト旋風 (1972)』(オリジナル版の2作目)
*『Shaft in Africa / 黒いジャガー/アフリカ作戦 (1973)』(オリジナル版の3作目)
*『Shaft / 黒いジャガー (1973-1974)』(オリジナル版のTVシリーズ)
*『Shaft / シャフト (2000)』(サミュエル・L・ジャクソンによるリブート)
*『Shaft (2019)』(ジョン・シャフト3世代が揃うリブート)

 受賞歴
* Academy Awards, USA
1972 Won Best Music, Original Song : Isaac Hayes
1972 Nominated Best Music, Original Dramatic Score : Isaac Hayes

* BAFTA Awards
1972 Nominated Anthony Asquith Award for Film Music : Isaac Hayes

* Golden Globes, USA
1972 Won Best Original Score : Isaac Hayes
1972 Nominated Best Original Song : Isaac Hayes
1972 Nominated Most Promising Newcomer - Male : Richard Roundtree

* Grammy Awards
1972 Won Best Original Score Written for a Motion Picture : Isaac Hayes

* MTV Movie Awards
1994 Won Lifetime Achievement : Richard Roundtree

* National Film Preservation Board, USA
2000 National Film Registry

 サウンドトラック
1. THEME FROM SHAFT (vocal)
2. BUMPY'S LAMENT
3. WALK FROM REGIO'S
4. ELLIE'S LOVE THEME
5. SHAFT'S CAB RIDE
6. CAFE REGIO'S
7. EARLY SUNDAY MORNING
8. BE YOURSELF
9. A FRIEND'S PLACE
10. SOULSVILLE (vocal)
11. NO NAME BAR
12. BUMPY'S BLUES
13. SHAFT STRIKES AGAIN
14. DO YOUR THING (vocal)
15. THE END THEME

Soundtracks from Amazon.co.jp

 関連記事
* 映画秘宝 2009年 10月号 サントラBEST200特集
* 映画秘宝EX最強ミステリ映画決定戦にて映画の紹介

 リンク
Not availableNot available

 インフォサイト
http://www.imdb.com/title/tt0067741/
http://en.wikipedia.org/wiki/Shaft_%281971_film%29
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=6636

 関連商品
DVD or VHS
Blu-Ray
Video On Demand
Book

Soundtrack



Privacy Informationプライバシーについて

ネットフリックス
Not availableNot available

Last Modified: 2008-06-25
>> HOME